g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 ダーク・ナイト アンド サイドキック
フェースガードと言えばバットマンという表現がベタになって5年。
我らが鹿島アントラーズは二人バットマンという新機軸を打ち出しました。

しかし、せっかく黒マスクをしたガタイのいい奴と小柄な若者の二人組なんだから
バットマンとロビンと表すのが、粋ってもんじゃなかろうか。

同じなのはマスクだけで、あの服装はしないから言える話。
…しない、か?いや、流石の岩政もタイツはないよな。

バットマンと聞いて分かれる2タイプ。
銀河万丈を思い出す人と三宅裕司を思い出す人。
私は後者。おぐらくんのロビンほど衝撃的なものはありません。
スポンサーサイト
コメント(0) | 2007年05月24日  | 雑記[蹴]  |  | 
 リアルタイムのちから
J'sGoal等の速報を裏に立ち上げてPCで作業しておりました。
が、途中から作業は完全に中断。

テキストオンリーでも鹿島サポとしてはワクワクドキドキ。
序盤FWが足りません!の危機があったものの、FWが点とって勝ったというのがいい!
いちサッカーファンとしてもハラハラドキドキ。
昨晩の予習が効きました。いやしかし、ここまで混戦になるとはなあ。

試合後は実に晴れ晴れとした気持ちになり、作業もサクサク進みました。
ありがとう鹿島。ありがとうサッカー。
コメント(0) | 2007年05月24日  | 雑記[蹴]  |  | 
 ラッキーストライカー
体を癒しにスパへ行ったら、新井場 洗い場で足が滑ってあわや転倒。
こんばんは、家族から「釜本だったら引退するところだぞ」と注意されたなかぜろです。
釜本さんじゃないので現役続行します。

それはさておき、ナビスコ杯予選、
今季初めはリーグ戦と逆の結果だなんて言われていましたが、
リーグと足並みを揃えるようにこちらも混戦、最終節まで縺れ込んでしまいました。
明日はすべてのグループの決勝トーナメント進出クラブが出揃います。
明日ですべてが決まる、と。( BGM:泉谷しげる 春夏秋冬 )
最後の最後は直接対決でケリつけるってのはいさぎよくっていいでs

※ここで順位表を見る

どのグループも割とまんべんなく本当に油断ならない状況にあるのか!
上位が引き分けた場合は漁夫の利的なことが起こる可能性も少なくないのか!
どっちかっていうと彼女と親友が相談に乗っているうちに…みたいな感じか?
それとも、夫と言い争いをしていたら普段無口な息子に諭されましたって感じか?
( ごっつええ感じで好きなコントはたとえ警視でした。 )

いさぎいいか悪いかは明日の結果次第ということで。
コメント(0) | 2007年05月22日  | 雑記[蹴]  |  | 
 ジンクスは破るためにある
凹んでいるであろうサポには基本的には関わらないようにしています。
が、そっとしておいた時に限って向こうから寄ってくるのは何故なんでしょう?

日曜の試合について、わざわざ電話してきたうちの湯郷サポには、
「ベレーザとの試合で中継するのはやめてってNHKに言ったらどうだろう?」
くらいしか言えませんでした。
コメント(0) | 2007年05月22日  | 雑記[蹴]  |  | 
 Mancanza
【相談】
中島浩司と結城耕造、横浜F・Mとジュビロ磐田、西浦和と北浦和
を間違えたまま話を続けて、半日後に気づいてビックリしました。
こういう症状はどういったものなのでしょうか。

【回答】
やる気がないだけです。
暑い日が続きました。とりあえず水飲んどいて下さい。
コメント(2) | 2007年05月21日  | 雑記[蹴]  |  | 
 2007 J1第12節 千葉vs.広島
フクアリホームゴール裏

【データ】
[日時] 2007.5/19(土)16:00-
[カード] 2007 J1第12節 ジェフユナイテッド市原千葉vs.サンフレッチェ広島
[会場] 初めて90分間堪能できたフクアリ
[試合結果] 千葉1-3広島('6、'23、'36:ひろしま春のウェズレイ祭、'66:水野)
[メモ] ペトロヴィッチのつむじを眺める90分間

また招待券をいただいたので、千葉の知人と観戦してきました。
知人に感想は求めませんでした。求められませんでした。

あと、「プレー中の下村は藤田俊哉に見える」とか「中島が線の細い岩政に見える」とか
「中島のポリバレントっぷりと自信無さ気なところは誰かを思い出す」とかも
口に出せませんでした。
つづき
コメント(0) | 2007年05月19日  | NBS観戦記  |  | 
 年寄りが昔話をしなくて誰がする?
というような台詞が「セクシーボイスアンドロボ」にあった憶えがあります。
ドラマじゃなくて漫画の方です。

そんなワケでちょっと昔話。

Jリーグも今日で15歳だそうですね。人間だったら中学3年生。多感な年頃です。
当時はホームタウンから遠く離れた土地に暮らす一介のガキだったので、
盛り上がる様をテレビで視ていただけでした。正に遙かな世界。

おもひでぽろぽろ

でも「大人になったら色んなスタジアムへ行く」と漠然と思っていました。
いざ大人になって、それが実現したのは有り難いことです。
旧鹿島スタジアムに間に合わなかったのは残念ですが。
 
コメント(0) | 2007年05月15日  | 雑記[蹴]  |  | 
 もろもろ
■土曜の磐田戦
久しぶりのライヴアントニオ でした。相変わらず熱い!
文句はハッキリと二回言うし、失点時はテンション上げないから気づきにくい。
スタジアムグルメと並ぶ鹿島最強のコンテンツじゃないかと思います。
それにしても勝つって気持ちいいなあ。でもこの写真は若干不気味だなあ。

■日曜日のなでしこ
Jも混戦の様相を呈してきましたが、なでしこリーグも予想外の展開です。
湯郷サポから「浦和、ドロー!」という歓喜のメールがきました。
「はて?浦和vs.G大阪の開始は夕方のはず」と思っていたら、
湯郷vs.浦和レディースの話でした。偶然つじつまは合いましたけど。
次節湯郷は女王ベレーザを、俺たちの桃太郎スタジアムで迎えます。
お時間のある方は是非足を運んで下さいませ。

■代表
サプライズもこう度重なると別に驚かなくなるのが人間です。
仲間内ではこの人の話題で盛り上がりました。こっちの話題も少し。
今回は際立っていますが、オシムジャパンの代表合宿からは微かに
SB・WBオーディションの香りを感じます。
育つにしろ化けるにしろ、文句なしにコイツが日本で一番という選手が



現れるといいな~と思います。そう思い始めて幾星霜。
鹿島の若きSBは元気そうで何より。

■更新
ブログの左側に新しいランダム画像を置きました。
約3年ぶり、帰ってきた五輪代表候補シリーズ。
今回も憶えきれない若手選手らを描いて憶えるための似顔絵です。
徐々に増えます。増える予定です。増えるといいなと思います。
コメント(0) | 2007年05月14日  | 雑記[蹴]  |  | 
 幸運の女神には前髪しかない
水曜日のナビスコ予選では、
速報メールだけでも人は十分盛り上がることができる
と教えていただきました。

この試合の様子はさすがに視たい!
と思っていたのですが、
すぽると他各種ニュース映像を見逃し、スカパーは入ってないから当然視られず、
じゃあWebニュースでいいやと言ってもネットにつなぐ時間もナカナカとれず、
今までモノクロ静止画像も目にすることなく過ごしておりました。

満を持して、
つないだネットのその先には!


…この写真
…微笑ましいけど…チョットなんかチガウ…

竹中直人の「笑いながら怒る人」的なテイストの、
笑いながら首絞める人と絞められる人がいるなあ。
それにしても隙間から見える仮面の人は怪しいなあ。
 

コメント(0) | 2007年05月11日  | 雑記[蹴]  |  | 
 2007 J1第9節 FC東京vs.鹿島
トワイライト味スタ

【データ】
[日時] 2007.5/3(木)16:05-
[カード] 2007 J1第9節 FC東京vs.鹿島アントラーズ
[会場] いかにも連休って感じでごった返す味の素スタジアム 
[試合結果] FC東京1-2鹿島
('57:助っ人が結果を出すと羨ましくなります、
 '59:中後の持ち味がいかんなく発揮されました、
 '82:増田の持ち味は運動量と攻撃参加できる時のイキイキ感です
[メモ] NBSが揃う時の晴天率には絶対の自信を持っています。

えみちさんと私のNBS観戦での鹿島勝利は実に一年半振り
すっかり勝利の味を忘れていたNBS。帰り道、あまりの心の平穏っぷりに
「…あ、今日試合があったんだった!」

今日の教訓、ガッカリ開運法は凄すぎ。
遅刻などのガッカリを体験すると試合結果引き分け以上の法則、恐るべし。
それにしても、
何故わたしたちはこんなにもアクシデントに見舞われているのか。
何故わたしはこんなにもアウェーのマスコットイベントを見逃しているのか。

まあいいや。勝つってホント気持ちいい。
  
つづき
コメント(0) | 2007年05月03日  | NBS観戦記  |  | 
 Nos deleite mais!
待ち望んだ開幕戦が残念だったのでションボリする某サポを励ま…

傷口に塩

…してない。

くよくよしたってはじまらなーい。

今日一日働いたら明日はまた観戦。
チームの調子がどうあれ、試合前は相変わらずワクワクします。
次の試合が鹿島怒濤の快進撃の始まりかもしれないし、
サッカー史に残る好ゲームになるかもしれない。
この試合をきっかけにバンビーノが覚醒して北京や南アフリカで活躍するかもしれない。
…しないかもしれない。
何があるかわからないのがサッカーだからワクワクします。

でも怪我と警告退場は勘弁な。
コメント(0) | 2007年05月02日  | 雑記[蹴]  |  | 
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。