g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 2005J1第21節 東京Vvs.鹿島
050827_1740~01.jpg

【データ】
[日時]2005.8/27(土)19:00-
[カード]2005J1第21節 東京ヴェルディ1969vs.鹿島アントラーズ
[会場]味の素スタジアム
[チケット]\1500


夏 of 夏。


【初めての味スタ】
050827_1732~01.jpg

はーるばるきたぜ味スター
(実は家からそう遠くなかった)

地が西日本の人間なら一発で正しく読めるワケがない駅、とびたきゅう(飛田給)。
二階に上がらなかったせいかもしれないけど、それほど大きくは感じませんでした。
TVで視た限りの勝手な印象が「国内最大級!」だったんで。
外観はちょっと日産に似ているような…?
あ、スタジアム入り口前の歩道橋は万博を彷彿とさせるものでした。

うん、縁起悪いね
じゃあ、筑波大の渡り廊下でどうだろう?

うん、今度はわかりにくい。


【初めての夏の関東】
050827_1743~01.jpg

この日、関東は(つっても多摩川周辺)台風一過で蒸し暑かった。
いやあ本当に蒸し暑かった
台風前までは秋を思わせる涼しい気候だったのに、
金曜あたりから睡眠だって運動だってな状態に。
ああ空気が重たい。ああ氷結が美味い。

050827_1804~01.jpg

しっかしまあ本当に蒸し暑い。
夕立があるとの予報だったけど…いや、降ったら降ったでより蒸し暑かったかも。
鹿島アントラーズ最大の敵の一つ、蒸し暑さ。
こういう時はサポによるスタジアム周辺での打ち水大作戦とかどうだろう?
とっ捕まるだけだな。


【前半終了までの感想】
・ナラさんとイバが練習しているのを観て、待った長さを思い知る
・サブに内田・帯同に石川…てことはやっぱり疲れているのか

・日テレさんの技術の高さを伺わせる凝った作りの煽りVTR
・小笠原移籍騒動の記事のアップ、ブーイングしまくるゴール裏
・新潟戦での活躍の映像、おおはしゃぎするゴール裏
・「もーみんな小笠原が好きなんだからー」と頬つつかれても仕方ない勢い
・ふと、神戸vs.C大阪戦での西澤コールの多さを思い出した
腫れm…いや何でもない

・なんか相手ばっかり攻めてるような気がしないでもない
・カード多い気がしないでもない
・鹿島の選手の動きが悪い気がしないでもない

・岩政、相手選手や羽田をカタパルト代わりにして自らを発射する技を披露
・おおざっぱに喩えると、どっちもでかいスカイラブハリケーン
・面白いけど危険、審判も注意する

・で、それとは別に退場

050827_1743~02.jpg

・近くの席のお嬢さんが「ねえ、アウェイだからなの?アウェイだからなの?
せ…節子おおおおっ!!

・うちのキャプテンはあちらのキャプテンに半笑いで何て話しかけていたんだろ?


【試合終了までの感想】
・とにかく蒸し暑さが敵だったんじゃないかと
・選手にもサポにも
・あんなに飲んでもトイレが近くならないというのはどれだけ汗で出たんだろう水分

・時々自分が何を口にしているかわからなくなった時間帯、それが50分台
・早く交代を!と願うほどに足が止まりかけていた
・まさに危険な時間帯
・そして西日本時代によく観た光景が
・アレです、相手FWがダーッて走ってってうちのDF達がその後追うって、アレです

・東日本にくれば勝ち試合ばかり観られると思っていたのかなあ…

これらの中身をいろんな味噌にかえたくなるよなNBSの法則発動
・いやいや目が肥えてきたってことにしようじゃないか

・大岩Go!が不在の場合「攻撃しろよ!」と上がっていく係は曽ヶ端
・GKのドリブルってかなりドキドキできるよね


【まとめ】
・拍手と「次だー次ー!」と見送るゴール裏が好きだと思った
・ネタ(?)を列挙したら何かネガっぽい文章になったけど、凹んじゃないですよ
・だって次があるんだし


【メモ】
[試合結果]東京V2-0鹿島(51分:ワシントン、57分:ワシントン)
[雑費]氷結(グレープフルーツ味)\450、缶ビール\500
[観戦成績]29戦14勝13敗2分
[観戦天気]29戦21晴1雨7曇
スポンサーサイト
コメント(0) | 2005年08月27日  | NBS観戦記  |  | 
プロジェクトK | ホーム | 乗換2回で味の素
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。