g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 美脚
代表戦視聴中に友人から「誰もそんなとこ視ない」と言われたユニフォームのIN/OUT
懲りずに今回もユニフォームの話。

今年から鹿島の靴下には踵から脹ら脛にかけて鹿角文様が入っています。
正にAntlers(鹿の枝角)ですね。

靴下

泥道猛ダッシュしたとか新しい靴を履いて雨の中歩いて帰った後とか
そんな感じもしないでもない靴下ですが、
肉眼で見るとこれがなかなかどうして優れた美脚効果を持っています。
鹿の頭部分がアキレス部分を細く、角のラインが脹ら脛を強調しています。
今季の鹿島の靴下はスタイルアップソックスなのです。
見たところ穿き口を折ったり撓ませたりせず、できるだけ伸ばして穿くと
足長効果も生じるようです。
角の先まで見せて更にその上がある、ということで足を長く見せるのでしょう。

靴下をできるだけ伸ばして穿くことができる選手は元から足が長い、
という現実からは、ここでは一旦目を背けます。

ちなみに、新人の内田篤人選手は膝より下は折らずに皺を寄らせてました。
彼の「神様みたいな人」もそんな風に靴下を穿きますね。
あんなにダルダルにはしてませんでしたけど。
2年目の山本拓弥選手はこれでもかとロールさせてました。噂通りです。
デジカメの画像整理していて発見、「マジで?!」と大層ビックリしました。

(某解説者の文体を意識して失敗。しかも元祖は既にハイテンション芸へ…)
スポンサーサイト
コメント(0) | 2006年02月28日  | 雑記[蹴]  |  | 
環境閾値説 | ホーム | PSM いばらきダービー
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。