g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 次のゼロックス杯つまんねえな【天皇杯準決勝】
決勝のカードが決定しました。
まあ正直どうでもいいので、トーナメント表を更新しません。
するもんですか。するもんか。

そんなワケで、いま気持ちは元旦決戦です。元日決戦の間違いではありませんよ。
全日本女子サッカー選手権大会決勝は1月1日の午前10:30開始ですからね。

これまで全女は準決勝あたりから関東だけの開催でしたが、
今年、湯郷の場合、決勝のみ関東。準決勝までは美作・広島スタ・神戸ユニバ。
天皇杯の準決勝は東日本のみだったから女子の準決勝は西日本のみてのは
まあ良いバランスかと。…ん?その結果、移動が少ないチームが勝ったって?
じゃ、来年はたらい回しにしたらどうかな。王者凱旋ってことで。
確かに「決勝までてめえの地方だけで済みました」ってチームと
「師じゃないのに走り回った師走でした」ってチームがあるのは、バランス悪いな。

小さな町が官民一体となって町おこしの為に県内初のサッカークラブを作りました。
きれいな芝生のグランドと、凄腕の監督を用意しました。
その監督を慕って優秀な選手達がやってきました。
小さな町の小さなクラブは大きな街の大きなクラブに立ち向かっていきます。

10数年前、Jリーグが出来る頃にも聞いた、ような物語。
でも、湯郷の物語は始まったばかり。これからまだまだ何か起こるでしょう。
岡山が地元って人も、そうでない人も、
この小さな町の小さなクラブがお気に召す人も、そうでない人も、
この物語の行く末にちょっと注目してみて下さい。
日本サッカーの理想と現実について考える機会が持てるでしょう。

なんつーか、好きなサッカークラブは一つに変わりないんですが、
地元のクラブってのは、別カテゴリーのせいもあってか、
姉妹っつーか、家族みたいで、どうにも捨て置けないんです。
MF宮間の高い技術とGK福元の飛び出しと本田監督のコワ美しいとこは
地元云々関係なく好きです。SB佐藤の走り方もいいな。

 
スポンサーサイト
コメント(0) | 2006年12月30日  | 雑記[蹴]  |  | 
2006J1リーグ戦以外の試合ダイジェスト | ホーム | 第86回天皇杯準決勝 浦和vs.鹿島
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。