g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 2008 J1第3節 川崎vs.市原千葉
あまりブーイングをしないサポのブーイング

【データ】
[日時] 2008.3/30(日)15:05-
[カード] 2008 J1第3節 川崎フロンターレvs.ジェフユナイテッド市原千葉
[会場] ちょうど桜が見頃でした等々力競技場
[試合結果] 川崎2-0千葉(2':鄭、44':久木野)
[メモ] 市民の歌はハウス名作劇場風

そういえば昨春も千葉サポにまじって等々力アウェー席で観戦してました。
鹿島以外の試合に行くとやはり応援が気になります。
川崎のスクールイベントテイストも千葉の普遍と特殊のバランス感覚も健在でした。

去年一年ですっかり鹿島以外のクラブに疎くなり、
今日の試合は「知らない人だらけ」でした。
そのせいか、どちらも所謂「らしさ」が感じられませんでした。
無いは無いなりにまだ「らしさ」を出せた方が勝ったのかなと思います。
審判の問題を差し引いて考えたら。

報復行為が退場にならんのやったら、昔の話を出してナンですけども、
うっとこのアレもアンタさんとこのアレもなかった話になるんやないの?
全体で基準揃えてつかあさい。テンション下がるから。
 
 
【偵察的なことは特にしていない】
なんせ飲んでましたから。スタジアムでは基本飲みます。
観に行っているのか飲みに行っているのかと訊かれたら微妙な時があります。

そんな中で気づいたことは、俺のボスナー略してオレナー。

かなり寒かったのに半袖。手足が長いから袖丈がオシャレ寸。
技術がしっかりしていて、特にロングフィードがいい。
坂本の弁慶に一発くらわせちゃった山岸に詰め寄る様はハリウッド映画の頑固刑事。
前半の段階で「次に退場があるとしたらボスナー」と思ったほどの熱い性格。
自分でとったFKはボールの周りをウロウロして蹴りたいアピール。実際に蹴る。
自陣ゴール前サイドに迫った森をドーンってやって森にドーン。
突き倒された時のボスナーから漂う気配は、安田を退場「させた」時の内田のそれと同じ。
この件にかかる判定には問題があり、また退場を狙うことについては賛否両論ですが、
わたくし規則の範囲内いっぱいで行われる駆け引きが大好物なので、
非常にテンション上がりました。

千葉の選手に対してここまで盛り上がったのは要田さん以来。その前はミリノビッチ先生。
千葉サポさんたちの勧めや広報の狙いとは常にズレた方向へ走り出します。
だって鹿サポだもの。

帰り道、NBS反省会でオレナーは物凄いフラグだと指摘されました。
過去にもご紹介しましたが、NBSはお気に入りがいる他チームとの対戦、
「喧嘩はやめてダービー」でお気に入り選手に決められてしまう傾向にあります。
ここは一つ、
古巣相手にゴールを決めること。それが僕なりの恩返し・マルキーニョスと、
蝉は土中で8年過ごす。遅れてきたクローザー・ダニーロにジンクス打破を期待。

スポンサーサイト
コメント(0) | 2008年03月30日  | NBS観戦記  |  | 
第3話「副部長、風紀委員のお咎めに遭う」 | ホーム | 等々力でJoin!
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。