g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 2008 J1第8節 大宮vs.鹿島
屋根がない等々力のようなNACK5スタ

【データ】
[日時] 2008.4/27(日)16:00-
[カード] 2008 J1第8節 大宮アルディージャvs.鹿島アントラーズ
[会場] 出入り口が狭いNACK5スタジアム
[試合結果] 大宮1-1鹿島
[メモ] この試合はゼロックスデー。ゼロックス様とは何かと、何かと。

今日もやっぱりなんだか懐かしささえ憶える、数年前の鹿島のような鹿島でした。
なつかしーい いたみだーわー ずーっとまえにー わすれていたー
 

後半の脚の止まりっぷりは西日本時代によく観た光景。
失点シーンは天皇杯@鳥取を思い出しました。
FJがいた、あの冬の日です。
初夏なのに寒い思い出とはこれ如何に。

さきに興梠がゴールしていて本当に良かった、と何度も思いました。
正直、先制されたら取り返せなかっただろう、と。
試合前練習時に奥ちゃんが何度も興梠に話しかけていたので
「今日は興梠の日になるといいな」と思っていました。
期待どおりゴールしてくれたことがこの試合の僅かな救いです。

それにしても暑かったです。
あの暑い中ビールも飲まず跳んでいたので脹ら脛パンッパンです。
ただ、試合後も長々とチームコールした割に喉の調子は上々です。
肉体疲労は気持ちで何とかなるものとそうでないものがあるっつーことですね。

そろそろ観戦セットも夏仕様にかえていかなくては。
のど飴が龍角散からクールへ、使い捨てカイロから保冷剤へ。

 
友達以上夫婦未満

初々しいカップル。しかこにもこんな時代があったハズ。
 
スポンサーサイト
コメント(0) | 2008年04月27日  | NBS観戦記  |  | 
何んて優しい時代 | ホーム | そこの池にも一言いってやる!
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。