g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 ホームタウンを歩く・第三回「麻生」
【はじめに】
様々な条件があいまって、なんか、川崎フロンターレの練習見学に行ってまいりました。


【注意事項】
・「私目線」の記録です。雑な記憶に基づいて構成されます。
・この項目は状況変化に対応して随時更新されるようなことはありません。
・お出かけ際は必ずご自分でお調べ下さい。

【栗平を歩く】
・リーズナブルな小田急多摩線・栗平(くりひら)駅から徒歩25分のコースに挑戦。
・オフィシャルの地図で辿り着くのは結構大変かもしれない。
・それにしても川崎のオフィシャルサイトは重たい。張り切りすぎ。ナローバンドにゃツライ。

・栗平駅到着。もしかすると東京V練習場のがうちから近いのかもしれない。

・駅を出たら右。左に住宅地、右に線路のゆるい坂道を歩く。
・噂の白いマンションは見あたらない。老人ホームならあった。
・そろそろノボリ坂ってところの、信号のある比較的大きい交差点の手前の角を左折。
・林もわかんなかった。住宅地の坂をどんどん下る。
・底についたら信号のある十字路。進路に交差する道は狭いのに車通りが多い。この左右にのびる道が県道137号線。
・十字路の右手に「常念寺」の看板。それにある矢印とオフィシャルの地図にある寺の位置が一致(シャレじゃないですよ)
・信号を渡ったら真っ直ぐ進む。郷愁を誘われるようなのどかな小道(農道?)を道なりに進む。
・小道はゆっくり左に曲がる。曲がるあたりで用水のような川が道に沿う。
・道なりに進む。とにかく進む。川の向こうの右手に乗馬場がある。
・「かないはらばし」通過。渡らずに直進。
・この時、道路工事中につき道幅狭かった。
・ほどなく右前方の山の麓にフロンターレの看板(ロゴのみ)が登場。
・二本の橋が数mの間をあけてかかっている。進行方向手前の小さい方の橋が多分地図上の「鉄板の橋」。歩く部分が確かに鉄板。
・道なりに進む。右手にレストラン。ここまでくるとさきほどの看板は目の前。
・レストランと看板の交差点を右に曲がる。というか山を登る。道なりにドンドン登る。
・罰ゲームの気分になるが登る。坂のイメージとしては…兵庫県立図書館の裏手とか藤ヶ鳴フルーツパーク周辺とか春野運動公園とか(超ローカル)
・そば屋がみえたら、左手にはグラウンド。フェンスごしに選手もみえる。
・ここで眺めてもいいが、もう少し頑張って登るとスタジアム2階席みたいな位置から練習見学ができる。クラブハウスもある。
・1階席ぐらいの位置に通路のようなものがある。ベンチがあるから見学場なのかもしれないが、表示がないからわからない。

・見学場(仮)に行く前にメモやビデオ撮り禁止の看板が。写真撮影はわかりません。
・ベンチは吹きっさらしなので敷物があると良いですよ。
・遮るものが何一つないので晴れた日は帽子、雨降りそうな日は傘が必須ですよ。
・クラハの横に自販機があるので喉が渇いても大丈夫ですよ。
・いちごミルクもあった。流石。
・公衆電話がない=電話帳がないので、気をつけて下さい。
・参考までにこのへん走ってるタクシーは高砂交通さんです。
・簡易トイレがクラハの横にあった(ような気がする)ので、もしもの時も大丈夫です。
・ファンサービスのタイミングと場所ですが、この日は悪天候だったんであんまり参考にならないと思い、割愛します。
・常連さんらしき方がいらっしゃったのでその方々に倣いました。
・川崎の練習やファンサービスについてはもっとフレッシュでなおかつ川崎サポーターである方々のサイトをあたって下さい。

・他のチームをよく知らないので何とも言えませんが、川崎の選手・スタッフは皆さん気さくないい方々でした。
・お疲れのところありがとうございました。
・段取り全部やってくれたハミさん、本当にありがとうございました。


【感想】
私は練習見学には開始時間とおおまかな練習時間の情報とグラウンドまでの地図が、ファンサービスにはペンと何かしっかりめの紙があれば十分だと思っていた。

天気予報を視るべきだった。傘は用意しとくべきだった。
先達はあらまほしけれ。
スポンサーサイト
コメント(0) | 2005年04月25日  | NBS観戦記  |  | 
大人の本気を見せてやる | ホーム | 友に連れられ練見へ
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。