g0aLog

サッカー雑談ごくまれに似顔絵更新中。

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | --年--月--日  | スポンサー広告  |  | 
 ナビ予選第4節 東京Vvs.広島
SN310129.jpg

【データ】
[日時]2005.5/28(木)19:00-
[カード]2005Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第4節 東京ヴェルディ1969vs.サンフレッチェ広島
[会場]国立競技場
[チケット]¥2000

すっかり日が経ってしまったので
ざーっと書きますざーっと
いつもに増して試合の流れすっとばし観戦記
 仕事帰りジョイン
今日も仕事で明日も仕事。
好きでやってる仕事だけれど、やってらんねえ気分。
こういう時は酒をキューッと…
『そうだ、スタジアムへ行こう。』
で、本日唯一のナイトゲームに行ってきた。

 憧憬
スポーツ観戦好きの両親に育てられ、幼い頃から国立競技場に憧れていた。
そんな場所に仕事帰りにフラッと寄れるなんて幸せにも程がある。
ああ、これがホームから続く階段か。これが入場門の高い柵か。
これがサポーターらが駆け上がっていた坂か。…結構距離あるな。

 着いた途端
ビールを買いに走る私。試合はもう始まってるのに。
いやホラビール呑みに来たのでね。飲み物売り場が別なのはよい工夫だ。
ゴール裏入り口を探して歩く。通路から見える明るいピッチにドキドキする。
なかなか見つからない空席。「ヴェルディサポたくさんいんじゃん」と思う。
大きくざわめく声にピッチをみると、あ、なんか、得点の、気配が、、、、

平本て!
いやあ贅沢贅沢。注目しているFWのゴールが到着早々観られるなんて。

 巨大建造物好き
今日は全体が見渡せるように高い席。
いつもTVでみていた仁王像(か?)に感激。鋳造職人が作った聖火台にも感激。
競技場自体は意外とちっさいと思った。
TVで視る分には平らにみえたが、結構すり鉢場。
ユニバが国立に似てると聞くが…うーん。そうかなあ?
いやいや、生で見ないとわからんもんだ。

 さて
ヤマタクと若相馬いないことにようやく気づく。
若い方観たことねえよ。現日本一の左サイドとか言われてるのに観たことねえよ。
村井も観たことねえしな。このままじゃ私の中でNo.1左サイドがアウグストのままだ。
オーロラビジョンにスタメン表示がないので携帯でスタメンチェック。
今日のヴェルディ、知らない人が多いな…背番号デカイな…。

 じゃけん
大きめの町内会旅行ぐらいの人数の広島サポ。
でも元気。声も出てるしよく跳んでる。
ゴール裏にみえるあの人はいつもみかける人だろうか?
バクスタにいる紫の人たちは関東在住広島人だろうか?
ああ小村徳男の髪が黒々サラサラだ。従姉の高校の先輩なんだよな。
などと思っていたら郷愁が…。実際泣きそうになった。
まったくもって酔っ払いらしい心の動きである。

 エンターテインメント
ヴェルディの試合はこれ以前に2回観戦している。
サポやファンの方が時々言う「変態パスサッカー」、結構気に入っている。
約束事があってそれを守って体現できてるサッカーって好きだ。
じゃあジュビロは?逆に川崎は?と問われると豪快に聞こえないフリをします。
ノールックパスとか急なサイドチェンジとかトリッキーなスルーパスとか
よく一緒に練習してきたんだろうなって様をみるのが楽しい。
私はウハウハしながらパス回しを見ていたんだが、サポさん達は
「…ったくもう!」「そこでパスかよ!」と不満気。
まあ確かにサッカーに芸術点はないからなあ。

 愛を聞く
よそのチームの応援席にまじると何が面白いって、誰がどう愛されてるかがわかるとこ。
チャントや声援、会話からうかがえる選手への愛。
・平本は点取ったのに「またアイツはあ!」「なんなんだよー」
などの80年組FWがよく言われがちなコメントを得ていた。
・林健太郎はこの日不調。若い選手とリズムが合ってない感じでパスミス多数。
だからなのか普段からなのか「ああもうまた!!」
・ワシントンはとにもかくにも愛されていた。最後に決めたしな。信じられるもんな。
バモ!バモ!ワシーントーン、バモ!ってチャントが憶えやすいので
子どもも楽しそうにバモバモしていた。このへんも愛深めているのかも。
(ちなみに振り付けは「ワシントン」のとこで心臓を叩く)
・高木義成も愛されていた。そりゃそうか。ジャカジャカするしWピースだしピンクだし
ボブの絵画教室っぽいし結構デカイし体型的には石ノ森章太郎キャラっぽいし
サポの声が小さくなったらゴール裏をジーッと見つめて目で煽るし
(これには酔っ払い、トキメいちゃった!)
帰りの挨拶でサポに呼ばれたら引き返してもう一度挨拶し直すし
(ワシントンも同様。シトンはほとんどベンチまで行ってたのに戻ってきた)
さくらちゃん飼ってるし顔文字だしおやすミルクでヒス着るだもんなあ。

 宵
関東の 冷たい夜風に 耐えかねて ビール二杯は 致し方なし
途中で友人に送ったメールは読み返さないようにしている。
「トイレ行きたい」とか「ボンボンガウボンガウボンボン」とかどうしようもない。

 スタイル
帰り、ホームで見かけた人達はマフもユニも身にまとってなかったけど、
インナーとバッグが緑だったり、シャツのチェックが緑だったり、
後ろポケットからのぞく携帯ストラップがチームグッズだったり、
ちゃんとヴェルディなことになっていた。
なるほどそういうスタイルか、と思った。
この控えめな様は賛否両論あるかと思うが私は結構素敵だと思った。

 初めてだったのに!
しまった!
初国立観戦と初ガチャピンムックと初ドローだったじゃないか!


【メモ】
[試合結果]東京V2-2広島(19分:平本、78分:ガウボン、86分:ガウボン、
89分:ワシントン)
[雑費]ビール¥500だっけ?×2
[観戦成績]23戦12勝10敗1分
[観戦天気]23戦18晴0雨5曇
スポンサーサイト
コメント(0) | 2005年05月28日  | NBS観戦記  |  | 
いっそ清々しい | ホーム | このままどこか遠く
 コメント
 コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。